感染症は勃起不全の原因?

勃起不全の投薬治療: 長所と短所。詳細な病歴 - インポテンスの治療に成功する鍵?男の健康に関する最も有名で人気のある神話。

感染症は勃起不全の原因?

心理は男性の最も重要な性器です。 感情がセックスライフに大きな影響を与えることができます。 勃起不全症例の10‐20%において、感情的な問題(うつ病と不安)が原因となります。

他の80〜90%はどうでしょうか? 通常、EDには生理的原因があります。前立腺肥大症、前立腺炎や精巣静脈瘤などの泌尿器科系の疾患はEDの原因となりえます。

また、排尿状態が悪いことなどが心理的な影響を与えてEDが起こったり、治療薬の一部にEDを引き起こす薬剤が含まれていることもあります。

しかし、感染症は勃起不全の原因になりますか。 以下で見てみましょう。

尿路感染症(UTI)

尿路感染症は痛みがあって、対処が難しくて、まったく恥ずかしいです。尿路感染症は、上記の尿路に細菌、ウイルス、真菌などが感染することによって起こる感染症である。

また、この恐ろしいUTIは勃起不全を引き起こすことができますか?

UTIは実際に勃起不全になります。

UTIが陰茎の周りで腫れを引き起こすことができます。陰茎が勃起を維持するために必要な血液を得ることができない場合勃起不全を引き起こすことができます。

クラミジア

クラミジアは男性と女性に影響を与える性感染症(STD)です。 未治療の場合、重大な健康上の問題につながる可能性があります。

クラミジアが引き起こす合併症は勃起不全(ED)です。これは、男性の前立腺に感染したクラミジアの結果です。前立腺炎の男性にもEDがあることは珍しいことではありません。

 

No Comments

Add your comment