勃起不全治療の製薬形態

勃起不全の投薬治療: 長所と短所。詳細な病歴 - インポテンスの治療に成功する鍵?男の健康に関する最も有名で人気のある神話。

勃起不全治療の製薬形態

勃起を改善するための手段は、性病の段階と原因に応じて選択されます。投薬治療はインポテンスを完全に治すことはできませんが、勃起不全の基礎療法の期間中、男性が本格的な性生活を営むのを助けるでしょう。現在の時点で次の製薬形態があります。

丸薬やカプセル

丸薬やカプセルが最も便利な製薬形態である。 勃起機能のための手段を使用することについてパートナーに自認したくなくて事前に薬を服用しおく人が多いです。大部分の丸薬は投薬されるのは、効力の問題は陰茎の海綿体への血液供給が不十分である場合のことですから、心血管疾患患者の男性に、そのような薬物は適切ではありません。

注射の薬物

注射の薬物は丸薬より効率的で迅速に効きますが、使用方法は外傷性でしょう。そして、延長された制御不能な勃起だけでなく、穿刺による瘢痕という副作用もあります。

尿道室内キャンドル

尿道に注入されるポリプロピレンアプリケーターで利用可能です。欠点には、陰茎や睾丸に起こりうる痛み、頭部充血、尿道出血が含まれる。そして、相手が膣に達すると、痛みを引き起こすことがあります。子宮に入ると収縮が起こり、妊娠中に危険です。

外用の軟膏やゲル

刺激添加剤を含む軟膏やゲルは、男性の生殖器官の血液の循環を促進します。しかし、丸薬やカプセルに違って、勃起の原因となる陰茎の海綿体には影響しなくて、に健全な血管を拡張します。このせいで、頭痛、血圧低下などの問題が発生することがあります。さらに、そのような軟膏は、コンドームの膜を破壊することができます。

 

No Comments

Add your comment